働き方

「正社員じゃなくてもいい」ハロワ相談員の言葉に救われた話

9月某日、俺は悩みに悩んでいた

「俺は、会社員になる!(ドンッ)」と実家を飛び出したはいいものの、なかなかやりたい仕事が見つからない

やりたいことはあるけど仕事にならなかったり、いい求人はあってもアルバイトの募集だったり

だから正社員ではなく、アルバイトやフリーランスとしての道も考え始めていた

そんなとき、ハロワで就職相談を受けることになった

正直まったく期待しておらず、「自分でも課題がわかってない今、相談してもしょうがない」と生意気にも思っていた

でも就職相談を受けた今はこう思う

「ありがとう、すべてのハローワーク」

この記事では俺のメンタルをめちゃくちゃ楽にしてくれたハロワの相談員の方の言葉を紹介しようと思う

「無理してでも正社員にならないといけないのに仕事がない…」

そんな風に追い詰められてる方の参考になればうれしい

メンタルを楽にしてくれたハロワ相談員の言葉

正社員じゃなくてもいい

「正社員じゃなく、アルバイトやフリーランスも考えている」

俺はハロワ相談員の佐藤さん(仮名)にそう伝えた

正直、返答はまったく期待してなかった

「どうせ何かと理由をつけて正社員をすすめられるのだろう」

そんな諦めに近い気持ちがあった。今までの大人たちがそうだったから

でも佐藤さんは「正社員じゃなくてもいい」と言ってくれた

俺はそんなふうに言ってくれる大人と初めて出会った

ネット上ならそういう人たちもいたけど、やっぱりどこか遠くに感じていたんだと思う

「現実に俺の考えを肯定してくれる大人がいる」

そう思えてうれしくなったし、安心することができた

正社員を第一条件にするとミスマッチが起こる

佐藤さんいわく「正社員を第一条件にするとミスマッチが起こる」とのこと

というのも、そういう風に就活すると正社員になること自体がゴールになってしまうから

入社時点がピークでそれ以降は嫌なことがあるたびに減点されていく

そうすると「あれ?こんなはずじゃなかったのに」とミスマッチが起こってしまう

実際、正社員として入社したのに2,3年でまた就職相談に来る人もいるとのことだった

大事なのは充実した日々をすごすこと

ではどうやって仕事を決めればいいのか

それに対して佐藤さんは「大事なのは充実した日々をすごすこと」と答えてくれた

そのためには正社員を第一条件にするのではなく、その人にとって大事なことを第一条件にしなければならない

もちろん正社員は魅力的な選択肢だと思う

給料は安定してるし、社会保障も充実してる。めったにクビにもならない

だけど言ってしまえばそれだけである

例えば、その人にとって大事なことが「裁量権を持って仕事をすること」なら正社員よりフリーランスを選ぶ方が良かったりする

正社員やアルバイト、フリーランスはただの手段。目的は充実した日々をすごすこと

そこを履き違えてはいけないと思った

立ち止まって悩んでもいい

最後に佐藤さんが言ってくれたのが「立ち止まって悩んでもいい」ということだった

かぶとさんはまだ28で、就職活動中ということで時間もある

焦って就活をしてミスマッチするのが最悪で、そうなると2,3年歳をとってからまた就活することになる

だから腰を据えてじっくり考えてみるといい

そう言ってくれた

俺は行動するのが大事だと考えていた。悩んでいる時間は無駄だと

佐藤さんの「立ち止まって悩んでもいい」という言葉は、そんな風にどこか焦って就職活動をしていた俺を安心させてくれた

でも一方で、やっぱり考えすぎるのもよくないと思う

考えても行動しないと何も変わらないし、「悩む」までいってしまうと答えの出ない問に延々と時間を使ってしまうから

  • 焦って就職してもミスマッチしてしまう
  • 悩んでいても現実は変わらず時間が溶ける

じゃあどうすればいいのか

ここで俺が思いついたのが「小さくPDCAを回す」という方法である

具体的には副業をやる感覚でいろんなことを試してみるということ

副業なら「合わない」「違うことをやりたい」と思ったときに、すぐにやめられるので就職と違ってリスクが小さい

その活動の中で「あ、これは向いてるかも」という実感を得て、それを働き方の軸にしていけばいいと思った

俺はこの考えを行動に移し、クラウドワークスランサーズに登録した

とりあえず自分ができそうなライティングの案件を小さく試していこうと思う

そして、その実感をもとに正社員の編集者やフリーランスライター、活動する中で他に興味を持った仕事などの道を考えていきたい

まとめ:他の人に相談するのって大事

「正社員は手段にすぎない」という考えは前から俺にもあった

ただ、それ以上に「やっぱり正社員にならなくちゃ」という考えが心の底にあったんだと思う

佐藤さんからお話を聞けたことで、「正社員は手段にすぎない」ということを現実的かつ客観的に受け止めることができた

もしこれを読んでる方が就職活動に悩んでいるなら、ハロワで就職相談を受けてみるといいかもしれない 

いつもとちょっと違う場所で相談することで、新たな道が見えてくるかも

それではっ

ライターとしてのお仕事依頼はこちら
  • ちょうどライターを探していた
  • ちょっと仕事を依頼してみたい
  • 自分のメディアに寄稿してほしい

インタビューや取材を通して記事を書かせていただき、依頼者様のメディアに寄稿させていただます。

得意な執筆ジャンルは以下の4つ。

  1. 作業効率化
  2. プログラミング
  3. 働き方
  4. 新潟

「ちょうどこのジャンルの記事を書いてくれるライターを探していた」という方は、ぜひご連絡ください。

「こういう記事が書けるかどうか知りたい」といったご連絡も大歓迎です!

>> 仕事実績・プロフィール

関連記事