働き方

俺がフリーランスをやめて就職活動をする理由

昨日、こんなツイートをしました

このツイートの通り、フリーランスをやめて就職活動をしようと思います

今は実家を出て、アパートに引っ越したところですね

というわけでこの記事では、私がフリーランスをやめた理由と就職活動をすることにした理由についてお話します

かぶとの簡単な経歴
  1. 新卒でプログラマーになるも、うつになって退職
  2. その後実家で1年無職
  3. ブログを始めて5万円近く稼げたので、フリーランスとして活動を始める
  4. ブロガーからライターになるが、就職活動をすることに←今ここ

スポンサーリンク

フリーランスをやめて就職活動をする理由

メンタルが限界だった

これが一番の理由ですね

ブログを1年くらいやってたんですが、なかなか稼ぐことができず

以下の記事にある通り、今年は月1万も稼げていませんでした

>> 【悲報】無職からフリーランスになったけど、稼げない現実に直面してしまった

そこで新しい試みとしてライターとしての活動を始めるも、これがなかなかしんどい

以下の記事にある通り、ライターは自分にできることと他の人の役に立てることをすりあわせた結果でした

>> 俺がブロガーからライターになった理由

つまりライターは自分にとってはやりたいことではなく「やってもいいこと」で

それくらいの気持ちでは「フリーランス一本でやっていこう」と思えませんでした

フリーランスってすごい大変なんですよね

会社では分担してやることを全部一人でやらなければいけない

言うなれば一人で会社をやってるようなもんで、それを続けていくには相当強い気持ちが必要です

まだやりたいことならそれができましたが、「やってもいいこと」でそれをやるのは無理だなと

ブロガーとしては稼げない、ライターとしてはフリーランスを続けられない

どんなにがんばっても何も結果が出ない。もうどうすればいいかわからない

最終的に八方塞がりのような状況になってしまいました

ここで思い出されたのが、プログラマーをやっててうつになったことです

あのときも「会社をやめたいのにやめられない」と八方塞がりになってしまい、その結果うつになりました

実際、今回もメンタルがかなり悪い状態になってしまって

「手遅れになる前にフリーランスをやめよう」

そう思いました

発信活動の目的が自己実現だということに気づいた

フリーランスとして1年くらい発信活動で生計を立てようともがいてきた私ですが、最終的に根も葉もないことに気づいてしまいました

俺が発信活動をする目的は、ビジネスじゃなくて自己実現のためだな、と

振り返ってみればこの「思い考える日常」というブログも自分が考えたことや思ったことを発信する目的で作ったものです

ビジネスと自己実現って両立するのが本当に難しいんですよね

自己実現しようと思ってコンテンツを作ると、自己満足になってしまい稼げない

逆にビジネスに振りすぎると自己実現をする機会がなくなってしまう

私もこのジレンマに悩み、以下のようなツイートをしたこともあります

フリーランスとして活動する中で、この「自己実現とビジネスのバランス」が多少わかってきました

そんな今になって思うのが「俺が発信活動をするのは自己実現のためだな」ということ

だから「必要な稼ぎは会社で働くことでまかなって、自己実現のために発信活動をしよう」という考えにいたりました

仕事に対する考え方が変わった

ここで問題になるのが「俺は会社員として働けるのか問題」です

何を隠そう私は仕事に対する価値観をこじれにこじらせ、無職のときは仕事に対して怨嗟のごときツイートを延々としてたような男です

そんな私ですが、フリーランスとして活動したり働き方の本を14冊読んだりして、仕事に対する考え方が変わってきたんですよね

それを書いたのが以下の記事

>> 仕事の本質は他の人の役に立つこと|やりがいのある仕事とは

「自分にできることで他の人の役に立とう」

この思いがあれば会社員としてもやっていけるのではないかと思いました

フリーランスをやめて就職活動をする理由まとめ

  1. メンタルが限界だった
  2. 発信活動の目的が自己実現だということに気づいた
  3. 仕事に対する考え方が変わった

私はフリーランスとして結果を出すことはできませんでした

ですが、挑戦してよかったと素直に思えます

それは活動する中で多くのことを学ぶことができたからです

社会のことや仕事のこと、そして自分のことなどなど

この経験を糧に就職活動もなんとかやっていきたいと思います

最後まで読んでいただきありがとうございました

それではっ

次回、空白期間2年の就職活動!面接にてかぶと、死す

デュエルスタンバイ!

ライターとしてのお仕事依頼はこちら
  • ちょうどライターを探していた
  • ちょっと仕事を依頼してみたい
  • 自分のメディアに寄稿してほしい

インタビューや取材を通して記事を書かせていただき、依頼者様のメディアに寄稿させていただます。

得意な執筆ジャンルは以下の4つ。

  1. 作業効率化
  2. プログラミング
  3. 働き方
  4. 新潟

「ちょうどこのジャンルの記事を書いてくれるライターを探していた」という方は、ぜひご連絡ください。

「こういう記事が書けるかどうか知りたい」といったご連絡も大歓迎です!

>> 仕事実績・プロフィール

関連記事