働き方

うつの俺は休職をすすめられた【退職体験記⑤】

こんばんは。かぶとです。
今回は下の記事の続きです。

俺は早く仕事を辞めたいんだ【退職体験記④】こんばんは。かぶとです。 こんなに早く退職体験記④を書くことになるとは・・・ 今回は下の記事の続きです。 https://www.ka...

シリーズ1話目はこちらです。

退職の意思を上司に伝えた【退職体験記①】こんばんは。かぶとです。 最近は色んなことがあって疲れ気味です・・・ 今回は仕事を辞めることを上司に伝えた件。 先日、仕事を辞めること...

先日、社長との面談があった。
社長と面談というと驚く人がいるかもしれないが、なんてことはない。
中小企業のため、社長と社員の距離感が近いのである。

その面談で社長から、退職ではなく休職をしたらどうかという提案を受けた。
自分は、休職は復職を考えている人がするものだと思っていた。
だから最初は断った。
でも、復職の意思がなくても休職はしてもいいとのこと。
つまり、休職の後、そのまま会社を辞めてもいいということである。

さらに、休職をすれば傷病手当も出ると言われた。
傷病手当とは、うつなどで仕事ができない場合に健康保険から給料の3分の2をもらえるという制度である。
確かに自分は当分仕事をする気はない(というかできない)ので、お金はほしい・・・

そこで俺は思った。
休職もありだな

でもさっき軽く調べたら、うつで休職は転職で不利になるとか・・・
うーん、もっと調べる必要がありそうだ・・・

またその面談で、休職をするにしても退職をするにしても会社に行くのは4月末までと決まった。
ということは、仕事をする日はあと10日間!!
もう少しやで!!

最近は体調が良かったり悪かったりしてる。
あと10日間ならなんとかなりそう。
終わりが見えてきた。

というわけで、休職にするか退職にするか考えながら、残り少ない仕事をやっていきます。
また決まったらご報告しようと思います~

最後にうつでの退職や休職について、自分が実際に読んで分かりやすかった本を紹介します。

退職や休職というと難しい感じになりがちだが、この本は読みやすい文章ですらすらと読めた。
仕事でうつになった場合と、私生活でうつになった場合の2通りのパターンがしっかり解説されている。
うつで退職を考えたときの最初の1冊としておすすめです。

それでは、また。

(2020/7/4 追記)

続きはこちらです。

うつで退職か休職かの決め方|転職も視野に入れて【退職体験記⑥】こんばんは。かぶとです。 前回の記事で退職か休職かを悩んでると書きました。 https://www.kabuto0120.com/ad...
ライターとしてのお仕事依頼はこちら
  • ちょうどライターを探していた
  • ちょっと仕事を依頼してみたい
  • 自分のメディアに寄稿してほしい

インタビューや取材を通して記事を書かせていただき、依頼者様のメディアに寄稿させていただます。

得意な執筆ジャンルは以下の4つ。

  1. 作業効率化
  2. プログラミング
  3. 働き方
  4. 新潟

「ちょうどこのジャンルの記事を書いてくれるライターを探していた」という方は、ぜひご連絡ください。

「こういう記事が書けるかどうか知りたい」といったご連絡も大歓迎です!

>> 仕事実績・プロフィール

関連記事