意識の低い転職

【働き方のおすすめ本7冊】自分にあった働き方を見つける

「今の働き方でいいのかな…」

「他の人の価値観に触れて、新しい働き方が知りたい」

現代は多種多様な働き方があります。

ですが、だからこそ「どんな働き方をするか」という悩みは尽きません。

何を隠そう、私も正社員→無職→フリーランスと悩みながら色んな働き方を試してきました。

そして、今では好きなお店の店員として、充実感を持って働けています。

そんな中、私を助けてくれたのが働き方について書かれた本たちで、振り返ってみれば18冊もの本を読んでいました。

この記事では、私が読んで影響を受けた、働き方のおすすめ本を紹介します。

紹介されている本を読めば、自分に合った働き方を見つけるヒントが得られるはず!

転職活動がうまくいかない…

転職活動に苦戦している人は、リクルートエージェントで相談してみてください。

リクルートエージェントは、大手リクルートが運営する「転職支援実績No.1」の転職エージェント。

  • 就職相談
  • 履歴書添削
  • 面接対策

などなど、転職のプロがマンツーマンで指導してくれるので、採用される確率がグッと上がります。

「一人で転職活動をするのはもう疲れた…」という人は、ぜひ転職エージェントに頼ってみてください!

>> 【無料】リクルートエージェントを使ってみる

\ 転職支援実績No.1 /

【おすすめ転職サイト&転職エージェント】口コミ・評判も紹介!【20代の方へ】 「転職活動を始めたいけど、どの転職サイトを使えばいいかわからない…」 私は2021年に転職したのですが、そのときも転職サイトには...

働き方のおすすめ本7冊

私がおすすめする働き方の本は以下の7冊です。

順番に説明していきます。

なるべく働きたくない人のためのお金の話

25歳から東京で週休5日の隠居生活を始め、年収100万円以下で6年を過ごした著者が、「働き方とお金」について書いたのが『なるべく働きたくない人のためのお金の話』です。

著者は現代の働き方に疑問を感じ、試行錯誤の結果「低収入でもいいからあまり働かない生活」に辿り着きます。

「どういう生活をしたいか」を考え、そのためにいくら稼げばいいかを考える。

そんな風に、自分の理想の生活から必要なお金を逆算する視点を持たせてくれる本です。

「どうして週5日8時間も働かなくちゃいけないんだ…」と思っている人はぜひ読んでみてください。

>> 『なるべく働きたくない人のためのお金の話』をAmazonでチェック

古くてあたらしい仕事

古くてあたらしい仕事』は、著者が「一人出版社」を立ち上げ、コツコツと働く様子を描いたエッセイ。

著者が一人で出版社を始めた理由は、「自分の手の届く範囲で商売をやりたい」というもの。

その言葉通り、著者は一人で全国の書店を回り、泥臭く一冊一冊を売っていきます。

私はこの働き方に共感し、好きなお店で店員として働くことを選びました。

私の人生を変えてくれた、古き良き仕事を教えてくれる一冊です。

>> 『古くてあたらしい仕事』をAmazonでチェック

働くということ

働くということ』は、1982年に出版された働き方の本。

著者が新卒で自動車メーカーに勤め、その中での気付きが書かれています。

細分化された単純な労働の繰り返しは確かに仕事の能率をたかめるけれど、一方で一人の人間にとっての労働の姿を歪めずにはおかない。

眼の前の仕事にすべてのエネルギーを吸いとられ、全体として自分が今なにをしているのかが彼にはわからなくなってしまう。

それがわからずに、本当の働きがいの感じられるわけがない。

引用元:『働くということ

一昔前に出版されたも関わらず、今でも読まれている。それはこの本が、「働くということ」の本質を掴んでいるからではないでしょうか。

「働くということの本質を考えてみたい」という方におすすめです。

>> 『働くということ』をAmazonでチェック

「気軽に読みたい」という人には、マンガ版もあるのでぜひ。

面白かったですし、全1巻なので気軽に読めます。

科学的な適職

科学的な適職』は、適職の探し方を科学的な見地から解説した本。

一般的に、「働き方」はその人の経験や考えから主観的に語られるものです。

例えば、「3年は仕事を続けたほうがいい」「好きなことを仕事にしよう」など。

ですが、この本は論文を元にしたデータでそんな意見を片っ端から切っていきます。

例えば、この本は「職業選択にありがちな7つの大罪」として、以下を挙げています。

職業選択にありがちな7つの大罪
  1. 好きを仕事にする
  2. 給料の多さで選ぶ
  3. 業界や職種で選ぶ
  4. 仕事の楽さで選ぶ
  5. 性格テストで選ぶ
  6. 直感で選ぶ
  7. 適性にあった仕事を求める 

これを読んで「ドキッ」とした方もいるのではないでしょうか。

「科学的な視点から働き方の価値観を広げたい」という人は、ぜひ読んでみてください。

>> 『科学的な適職』をAmazonでチェック

世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方

「やりたい仕事がわからず、転職活動がうまくいかない」という方は多いと思います。

そんな方におすすめなのが、『世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方』。

この本に沿って質問に答えていくだけで、自分のやりたいことが見つかります。

私もやってみましたが、「ゆとりのある人を増やすためにブログノウハウ、働き方、本、自己啓発についての文章を書く」というやりたいことが見つかりました。

>> 『世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方』書評|読んだらやりたいことが見つかった件

やりたいことが見つかれば、転職活動に一本の軸ができます。

質問に答えるのがちょっと面倒に感じるかもしれませんが、それだけの労力を割く価値はあるので、ぜひ試してみてください。

>> 『世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方』をAmazonでチェック

チーズはどこへ消えた? 

チーズはどこへ消えた? 』は、迷路のなかに住む、2匹のネズミと2人の小人の物語。

彼らは毎日おいしいチーズを食べていたが、ある日突然チーズが消えてしまう。

チーズが消えたときに、2匹のネズミと2人の小人はどうするのか。

ただの物語と侮ることなかれ。ビジネスに必要なエッセンスが凝縮されています。

その証拠に、大手トップ企業が次々と社員教育に採用し、各国でベストセラーとなっています。

今はただでさえ変化が激しい時代。そんな中、自分の目の前からチーズ(富の象徴)が消えたらどうすればいいのか。

そんなことを教えてくれる本です。

私も転職活動で迷っていたときに、この本を読んで勇気づけられました。

「転職活動で迷っていて、なかなか次の一歩が踏み出せない」という方におすすめです。

もし恐怖がなかったら何をするだろう?

引用:『チーズはどこへ消えた?

>> 『チーズはどこへ消えた? 』をAmazonでチェック

しょぼい喫茶店の本

しょぼい喫茶店の本』は、社会に適合できない大学生が、卒業後に喫茶店を開く様子を綴ったエッセイです。

多くの人が憧れる「自分の喫茶店を開く」を実現したらどうなるのか。

夢物語ではなく、素人が一から喫茶店を立ち上げる苦労がしっかりと書かれています。

今の社会にしんどさを感じてる人は、ぜひ読んでみてください。

著者の不器用ながら素直な生き方に共感でき、読み終わった後は少し勇気をもらえるはずです。

>> 『しょぼい喫茶店の本』をAmazonでチェック

働き方に悩んでいるなら転職エージェントに相談しよう

働き方の本を読むメリットは、自分では気づかないことに気づかせてくれるというもの。

このメリットは、他の人に相談することでも得られます。

私のおすすめは、本を読んで働き方を考え、それを他の人に相談することです。

そうすることで、自分の考えが整理されたり、相談することでさらに思考が深まったりします。

もちろん、家族や友達に相談するのもいいのですが、プロに相談することでより的確な意見を得られることも。

そこで、私がおすすめする転職エージェントを紹介します。

タイプ サービス名 サービス内容
万能型 リクナビNEXT 転職サイト
リクルートエージェント 転職エージェント
doda 転職サイト
転職エージェント
未経験に特化 就職shop 転職エージェント
ハタラクティブ 転職エージェント
ハイクラス パソナキャリア 転職エージェント
便利サービス ミイダス 診断アプリ

その中でもおすすめなのはリクルートエージェント

大手リクルートが運営する「転職支援実績No.1」の転職エージェント。

  • 業界最大級10万件以上の非公開求人
  • 充実した転職サポート
  • 電話での転職相談もOK

などなど、「初めて転職エージェントを使う」という人は、リクルートエージェントに登録しておけば間違いないでしょう。

>> 【無料】リクルートエージェントを使ってみる

\ 気軽に無料相談 /

働き方のおすすめ本7冊まとめ

私が紹介した本を振り返ります。

本を選ぶ上で意識したのが、「地に足のついた働き方」ということ。

働き方を語る本の中には、「これからの社会ではこう働けば成功できる」みたいに大きなスケールで論じるものも多いです。

そういう本は確かに正しいと思いますが、個人単位では寄り添ってはくれません。

かぶとくん

「なんだかすごいものを読んだぞ。で、どうすればいいんだ?」みたいになっちゃう

だから今回はあえて地に足のついた、スケールの小さい働き方の本を紹介しました。

自分がいいと思える本があったら、その本を身近な例として参考にし、転職活動に取り組んでみてください。

転職活動がうまくいかない…

転職活動に苦戦している人は、リクルートエージェントで相談してみてください。

リクルートエージェントは、大手リクルートが運営する「転職支援実績No.1」の転職エージェント。

  • 就職相談
  • 履歴書添削
  • 面接対策

などなど、転職のプロがマンツーマンで指導してくれるので、採用される確率がグッと上がります。

「一人で転職活動をするのはもう疲れた…」という人は、ぜひ転職エージェントに頼ってみてください!

>> 【無料】リクルートエージェントを使ってみる

\ 転職支援実績No.1 /

【おすすめ転職サイト&転職エージェント】口コミ・評判も紹介!【20代の方へ】 「転職活動を始めたいけど、どの転職サイトを使えばいいかわからない…」 私は2021年に転職したのですが、そのときも転職サイトには...

おすすめ転職サイト&転職エージェント

「転職活動を始めたいけど、どの転職サイトを使えばいいかわからない…」

そんな方に向けて、おすすめの転職サイトと転職エージェントをまとめました。

タイプ サービス名 サービス内容
万能型 リクナビNEXT 転職サイト
リクルートエージェント 転職エージェント
doda 転職サイト
転職エージェント
未経験に特化 就職shop 転職エージェント
ハタラクティブ 転職エージェント
ハイクラス パソナキャリア 転職エージェント
便利サービス ミイダス 診断アプリ

ポイントは20代の方に向けて、多様な働き方をサポートしてくれるサービスを選別したこと。

詳しく知りたい方は、以下の記事を見てください。

>> 【おすすめ転職サイト&転職エージェント】口コミ・評判も紹介!【20代の方へ】

関連記事