休職

【うつの休職手当事情】1年6ヶ月休職した私はいくらもらえた?

くわがたくん

うつで休職したら手当ってもらえるのかな?

実際にいくらもらえたか、リアルな体験談が知りたい

休職するにあたって、気になるのがお金事情です。

休職中は給料が出なくなるので、代わりに手当をもらえないと休めるものも休めません。

私は1年6ヶ月休職しましたが、その間給料の3分の2ほどを傷病手当としてもらうことができました。

この記事ではそんな私の経験から以下を解説していきます。

この記事の内容
  1. うつの休職手当とは?
  2. うつの休職手当を実際にいくらもらえた?

「休職したときのお金事情をイメージしておきたい」という方にとっては、有益な記事になると思うので、ぜひ見てみてください!

うつの休職手当とは?

うつの休職手当は、「傷病手当」と呼ぶことが一般的です。

傷病手当は病気やケガで会社を休んだときに、所属している健康保険からお金を受け取れる制度です。

「(所属している健康保険の名前) 傷病手当」とGoogle検索すれば、受け取れる傷病手当の詳細を確認できます(所属している健康保険は、自分の健康保険証を見て確認してください)

傷病手当には一般的に以下の特徴があります。

  • 給料の3分の2を毎月受け取れる
  • 期間は最長で1年6ヶ月
  • 退職しても受け取り続けられる

3分の2を毎月1年6ヶ月も受け取り続けられるので、その間は療養に専念することが可能になるのです。

うつの休職手当を実際にいくらもらえた?

私が休職手当を実際にいくらもらえたかを解説していきます。

私は新卒の会社でうつになり、半年ほど休職しました。

休職後、その会社に復職する気は起きず、そのまま退職。

その後は転職活動もせず、実家で1年ほど療養しました。

休職手当については、会社を休職した半年、そして退職後の1年間に渡り受給していました。

計1年半。休職手当をフルで受給したわけですね。

金額としては毎月16万円を受け取っていました。

当時の私の給料が22万円ほど(手取りではなく満額で)だったので、その3分の2よりちょっと多いくらいを毎月もらえていたことになります。

ただし、休職中も健康保険料や年金は支払わなければいけなかったので、傷病手当の手取りは11〜13万円ほどでした。

私は実家に住んでいたこともあり、この金額で十分に療養生活を送ることができました。

まとめ:うつの休職手当でしっかり療養しよう

この記事の内容を振り返ります。

まとめ
  • うつで休職したら「傷病手当」がもらえる
  • 最長1年6ヶ月、毎月給料の3分の2がもらえる

休職手当をこれだけもらえれば、しっかりと休養することができます。

うつで休職しても1ヶ月程度で復職してしまう人もいます。

ですがそんな短い期間だと、治るものも治りません。

傷病手当は1年6ヶ月もらえるんですから、長めに休んでしっかりと休養しましょう。

それではっ

おすすめ転職サイト&転職エージェント

「転職活動を始めたいけど、どの転職サイトを使えばいいかわからない…」

そんな方に向けて、おすすめの転職サイトと転職エージェントをまとめました。

タイプ サービス名 サービス内容
万能型 リクナビNEXT 転職サイト
リクルートエージェント 転職エージェント
doda 転職サイト
転職エージェント
未経験に特化 就職shop 転職エージェント
ハタラクティブ 転職エージェント
ハイクラス パソナキャリア 転職エージェント
便利サービス ミイダス 診断アプリ

ポイントは20代の方に向けて、多様な働き方をサポートしてくれるサービスを選別したこと。

詳しく知りたい方は、以下の記事を見てください。

>> 【おすすめ転職サイト&転職エージェント】口コミ・評判も紹介!【20代の方へ】

関連記事