接客業

【シフト制はきつい】接客業の現役契約社員が語る

くわがたくん

就職先としてシフト制の仕事を考えてる

でもシフト制ってきついのかな?

経験がないからわからない…

シフト制のきつさは経験してみないとなかなかわからないもの。

私は契約社員の書店員として働いています。

接客業なので、もちろんシフト制。

働いていくうちに、「これがシフト制のきつさか…」と思うことがあったので、この記事ではそれをまとめて紹介します。

「シフト制の仕事をしようかどうか迷っている」という人は、この記事を見てから決めてみてください。

シフト制がきつい理由

私が仕事をする中で感じた、シフト制がきつい理由は以下です。

  1. 休みの楽しみが少ない
  2. そもそも休みが少ない
  3. 生活リズムが崩れる

順番に説明していきます。

休みの楽しみが少ない

シフト制だと、休みがあまり楽しめません。

まず土日休みじゃないので、友達と予定が合いません。

会えるとしても、夜にお酒を飲むくらい。

バーベキューや旅行など、一日がかりのレジャーはまずできないと言えるでしょう。

そして、私が常々嫌になるのが、イベントはだいたい土日問題。

コンサートやグルメフェスなど、楽しいイベントはだいたい土日に開催されます。

つまり、どれも行けないんですよね。

私は自分がシフト制になって、「この世界は土日休みの人たちを中心に回ってるんだ…」と痛感しました。

まとめると、友達と休みが合わず、土日開催のイベントに行けないということで、シフト制は休みがあまり楽しめないということです。

そもそも休みが少ない

シフト制だと、休みがあまり楽しめない上に、そもそもの休みが少ないです。

カレンダーの休みが無視されるので、3連休?お盆?正月?なにそれおいしいの?って感じです。

日数でいうと、週休2日なので、年間休日96日です。

私が特にきつかったのが、年末年始にフル出勤したこと。

「みんな休んでるのに、なんで俺だけ働いてるんだ…」と自分が惨めに思えました。

帰省や旅行もなかなかできず、「シフト制で働いている限り、遠出はできないんじゃないか?」と最近は思えてきました。

生活リズムが崩れる

生活リズムが崩れるのもシフト制のつらいところ。

私は昼から夜までのシフトなので、夜に帰っても仕事で興奮してるのか、なかなか寝付けません。

そのため、睡眠が浅くなり、日中も常にぼーっとした状態ですごしています。

この生活が続くと、体調を崩すんじゃないかと心配です。

まとめ:シフト制は自分より客を優先する働き方

この記事の内容を振り返ります。

シフト制がきつい理由は、以下でした。

シフト制がきつい理由
  1. 休みの楽しみが少ない
  2. そもそも休みが少ない
  3. 生活リズムが崩れる

振り返って思うのが、シフト制は自分より客を優先する働き方だということ。

客が土日に来るから、自分は土日に出勤する。

客が夜に来るから、自分は夜に働く。

そして、その結果、自分には多くのデメリットが降りかかる。

シフト制で働くなら、よっぽどその仕事が好きじゃないと続かないでしょう。

くわがたくん

かといって、シフト制じゃない仕事はなかなか受からない…

そんな人は、リクルートエージェントで相談してみてください。

リクルートエージェントは、大手リクルートが運営する「転職支援実績No.1」の転職エージェント。

  • 就職相談
  • 履歴書添削
  • 面接対策

などなど、転職のプロがマンツーマンで指導してくれるので、採用される確率がグッと上がります。

「一人で転職活動をするのはもう疲れた…」という人は、ぜひ転職エージェントに頼ってみてください!

>> 【無料】リクルートエージェントを使ってみる

\ 気軽に無料相談 /

おすすめ転職サイト&転職エージェント

「転職活動を始めたいけど、どの転職サイトを使えばいいかわからない…」

そんな方に向けて、おすすめの転職サイトと転職エージェントをまとめました。

タイプ サービス名 サービス内容
万能型 リクナビNEXT 転職サイト
リクルートエージェント 転職エージェント
doda 転職サイト
転職エージェント
未経験に特化 就職shop 転職エージェント
ハタラクティブ 転職エージェント
ハイクラス パソナキャリア 転職エージェント
便利サービス ミイダス 診断アプリ

ポイントは20代の方に向けて、多様な働き方をサポートしてくれるサービスを選別したこと。

詳しく知りたい方は、以下の記事を見てください。

>> 【おすすめ転職サイト&転職エージェント】口コミ・評判も紹介!【20代の方へ】

関連記事