働き方

「休職から復帰するのが怖い」その理由と乗り越える方法を解説!

くわがたくん

うつになったから休職した

職場に復帰するのが怖い…

休職から復帰するときのバツの悪い感じはなんとも言えませんよね。

私も1年6ヶ月休職したことがありますが、復帰することを考えるたびに不安に襲われました。

この記事ではそんな私の経験から以下について解説していきます。

この記事の内容
  1. 休職から復帰するのが怖い理由
  2. 「休職から復帰するのが怖い」という気持ちを乗り越える方法

「怖いけど、なんとかして職場に復帰したい」という方は見てみてください

休職から復帰するのが怖い理由

休職から復帰するのが怖いのはどうしてか。

まず最初にその理由を考えてみましょう。

考えられるのは以下の3つ。

  1. 同僚に白い目で見られる
  2. あの仕事をまたしなくてはいけない
  3. 復帰しても仕事が思うようにできない

順番に説明していきます。

同僚に白い目で見られる

休職から復帰するとなると、気になるのが同僚の目です。

くわがたくん

今までは仲良くしてくれたのに、急に冷たくされたらどうしよう…

休職を機に人間関係が変わるんじゃないかと不安ですよね。

では、なぜ休職をしたら同僚から白い目で見られるのか。

一つは仕事を押し付ける形になるからです。

休職をした自分の仕事は、当たり前ですが同僚がやることになります。

つまり、同僚の仕事が増えるわけで。

それも、数日ですめばいいのですが、休職となると数ヶ月単位です。

こうなってくると、「同僚に嫌われるんじゃないか」と不安になるのも当然です。

また、うつなどの精神疾患で休職する場合は、その病気によって白い目で見られるんじゃないかという恐れもあります。

未だに精神疾患については色眼鏡のある日本社会。

残念ながら、精神疾患になった人を受け入れられない人もいるでしょう。

私もうつで休職しましたが、うつになったことを上司に話すまで何ヶ月もかかるほど勇気が必要でした。

休職したことで、職場の人間関係が今までと変わるかもしれない。

その不安が復職への大きな壁となっているのです。

あの仕事をまたしなくてはいけない

仕事が原因で休職した場合、その仕事にまた戻るというのは大きなストレスになるでしょう。

私が鬱になった理由の一つも「プログラマーの仕事が合わない」ことでした。

一日中誰とも喋らず、休憩もせずずっとパソコンに向かっている。

それが私にとっては耐え難い苦痛でした。

そんな仕事に戻らなければいけないというのは、考えるだけで不安になりますよね。

復帰しても仕事が思うようにできない

復帰しても仕事が思うようにできないかもしれない、という恐怖感もあるでしょう。

数ヶ月休んだブランクや、うつなどの理由で仕事をきちんとこなせるかわからないからです。

例えば、私はプログラマーをうつで休職したのですが、1年くらいはパソコンを触るのも嫌でした。

そんな状態では、職場に復帰できるわけがありません。

けっきょく私はデスクワークがトラウマになり、今では畑違いの書店員としてなんとか働いています。

「前はできていたのに、今の自分はできない」というのは大きなストレスになります。

復帰するにあたって、それを不安に思うのは当たり前と言えるでしょう。

「休職から復帰するのが怖い」という気持ちを乗り越える方法

これまで、休職から復帰するのが怖い理由について話してきました。

ここからは、「じゃあどうすればいいか」ということで、恐怖心を乗り越える方法をはなしていきます。

具体的には以下の2つ。

  1. 怖いと思う理由を紙に書き出す
  2. 転職活動をして逃げ道を作る

順番に説明していきます。

怖いと思う理由を紙に書き出す

まずは、怖いと思う理由を紙に書き出してみましょう。

アウトプットすることで、その問題から距離を取ることができます。

例えば、「同僚に白い目で見られる」と書くとします。

続けて、以下のように深堀りしていきます。

  • 忙しい時期に長期間休んで嫌われたかもしれない
  • うつというのも距離を取られるかも
  • 特に〇〇さんには嫌味を言われそう

解決策まで考える必要はないので、心のありのままを書きなぐってみてください。

やってみるとわかるんですが、たとえ解決していなくても紙に書くだけで心がラクになります。

不安というのは心の中では無限大に膨張するもの。

それを紙に書くことで「こんなもんか」と思えるようになるんですよね。

この方法は『0秒思考』を参考にしているので、詳しく知りたい方は本書を読んでみてください。

転職活動をして逃げ道を作る

元の職場に復帰するのが怖いなら、転職活動をして逃げ道を作るのもありです。

ポイントは実際に転職をしなくてもいいということ。

転職活動をするだけで、「他にも就職先がある」と思えます。

そうすれば、仕事でつらいときにその気持ちが逃げ道になるので、精神的にラクになります。

おすすめは、リクルートエージェント

リクルートエージェントなら、プロのアドバイザーが1対1で相談に乗ってくれます。

他の人に相談することで自分の考えを客観的に見れるようになり、自分の適職がわかることも。

例えば、私も他の人に相談することで「書店員」という適職を見つけることができました。

料金はもちろん無料で、電話相談もできるので気軽に使ってみてください!

>> 【無料】リクルートエージェントを使ってみる

\ 気軽に無料相談 /

まとめ:休職から復帰するのが怖いのは当たり前

この記事の内容を振り返ります。

休職から復帰するのが怖い理由は、以下でした。

休職から復帰するのが怖い理由
  1. 同僚に白い目で見られる
  2. あの仕事をまたしなくてはいけない
  3. 復帰しても仕事が思うようにできない

「休職から復帰するのが怖い」という気持ちを乗り越える方法は、以下でした。

「休職から復帰するのが怖い」という気持ちを乗り越える方法
  1. 怖いと思う理由を紙に書き出す
  2. 転職活動をして逃げ道を作る

休職から復帰するのが怖いのは当たり前です。

怖いという気持ちを否定するのではなく、受け入れてみてください。

自分の気持ちを自分でわかってあげることで、怖くてもなんとかやっていけるようになります。

友達に気持ちを話して、理解してもらえると気持ちがラクになりますよね。

自分だけは自分の味方でいるように心がけてみてください。

それではっ

おすすめ転職サイト&転職エージェント

「転職活動を始めたいけど、どの転職サイトを使えばいいかわからない…」

そんな方に向けて、おすすめの転職サイトと転職エージェントをまとめました。

タイプ サービス名 サービス内容
万能型 リクナビNEXT 転職サイト
リクルートエージェント 転職エージェント
doda 転職サイト
転職エージェント
未経験に特化 就職shop 転職エージェント
ハタラクティブ 転職エージェント
ハイクラス パソナキャリア 転職エージェント
便利サービス ミイダス 診断アプリ

ポイントは20代の方に向けて、多様な働き方をサポートしてくれるサービスを選別したこと。

詳しく知りたい方は、以下の記事を見てください。

>> 【おすすめ転職サイト&転職エージェント】口コミ・評判も紹介!【20代の方へ】

関連記事