働き方

書店員としてやりがいを感じる3つの瞬間【現役書店員が語る!】

「書店員に興味があるけど、どんなときにやりがいを感じるんだろう?」

本好きなら一度は憧れる書店員という仕事。

でもどんなときにやりがいを感じるかは、実際に働いてみないとなかなかわかりません。

そこで、この記事では現役書店員の私が、日々の仕事の中でやりがいを感じる瞬間を紹介します。

この記事を読むことで、書店員として働く自分の姿をイメージしてもらえれば幸いです。

本当に書店員になって大丈夫かな…

「給料低いし、将来性も不安…」と書店員になるのをためらう方も多いと思います。

そんな人は、リクルートエージェントで相談してみてください。

リクルートエージェントなら、プロのアドバイザーが1対1で相談に乗ってくれます。

他の人に相談することで書店員よりも自分に合った職業が見つかるかもしれません。

例えば、私も当初はスタジオカメラマンなろうと思っていました。

ですが、他の人に相談するにつれて「別に俺はスタジオカメラマンじゃなくてもいいな」と気づけました。

一人で転職活動をしていると視野が狭まるもの。他の人に話すことで、客観的に自分を見ることができたのです。

「転職エージェントなんて使ったことないから不安…」という人も安心してください。

リクルートエージェントは以下のように「転職支援実績No.1」の転職エージェントとなっています。

  1. 大手リクルートが運営
  2. 業界最大級10万件以上の非公開求人
  3. 充実した転職サポート
  4. 電話での転職相談もOK

これだけ実績があれば、安心して使うことができますよね。

料金はもちろん無料で、電話でも相談できるので気軽に使ってみてください!

>> 【無料】リクルートエージェントを使ってみる

書店員としてやりがいを感じる3つの瞬間

書店員としてやりがいを感じる瞬間は以下の3つ。

  1. お客様の本探しを手伝って「ありがとう」と言われたとき
  2. レジで丁寧に接客しているとき
  3. 本をきれいにディスプレイできたとき

順番に説明していきます。

お客様の本探しを手伝って「ありがとう」と言われたとき

個人的に最もやりがいを感じるのが、お客様の本探しを手伝って「ありがとう」と言われたとき。

困っているお客様を助け、直接お礼を言ってもらえるので、「お客様の役に立っている」という実感が湧きます。

特に充実感を覚えるのが、お客様がお探しの本のところへすぐに案内できたとき。

お客様に「本の位置を覚えてるなんて、さすが書店員さんね」と思われてるようで、自分が誇らしくなります。

レジで丁寧に接客しているとき

レジで丁寧に接客しているときも、私はやりがいを感じられます。

これに対しては、「レジでの接客って面倒なんじゃないの?」と思う方もいるかもしれません。

確かに、レジでの接客を面倒に感じるときもあります。

特に出勤して最初の30分くらいは正直しんどい。

ですが、徐々に集中できるようになると、丁寧に接客している自分を誇らしく思えてきます。

「丁寧に」というのがポイントで、「そんな接客をしている自分、かっこいい」と自分に酔えるのかもしれません笑

例えるなら、舞台で芝居をするようなものでしょうか。

レジでの接客は、普段使わない言葉遣いをするので、「演じる」部分が少なからずあります。

そこに、普段とは違う自分、しかもお客様の役に立っている自分を感じ、誇らしく思えるのでしょう。

「どうせやるなら、ちゃんと仕事をしたい」と思える人は、このやりがいを感じられると思います。

本をきれいにディスプレイできたとき

書店員の仕事の一つが、本を棚に並べること。

そのときにきれいにディスプレイできると、やりがいが感じられます。

基本的に本屋は、棚ごとに担当が決まっています。

その棚は、言わば自分にとっての”城”。

きれいにディスプレイできたときは、自分の城がきれいになったようで、得も言われぬ満足感があります。

書店員を辞めたいと悩む理由3選

やりがいを感じられるときもあれば、辞めたいと悩むときもあるというもの。

というわけで、書店員を辞めたいと悩む理由も紹介しておきます。

  1. 給料が低い
  2. 人間関係が悪い
  3. クレームがしんどい

いいところだけでなく、悪いところも知っておくことで、書店員になったときのミスマッチを防げるでしょう。

詳しくは以下の記事を見てください。

「書店員を辞めたい」と悩む理由3選【現役書店員のぼやき】 「書店員を辞めたい…」 仕事は原則的につらいものです。一見、楽しそうなイメージのある書店員も例外ではありません。 私は現役...

まとめ:書店員の理想と現実

前半は、書店員としてやりがいを感じる瞬間を紹介しました。

書店員としてやりがいを感じる3つの瞬間
  1. お客様の本探しを手伝って「ありがとう」と言われたとき
  2. レジで丁寧に接客しているとき
  3. 本をきれいにディスプレイできたとき

後半は、書店員を辞めたいと悩む理由を紹介しました。

書店員を辞めたいと悩む理由3選
  1. 給料が低い
  2. 人間関係が悪い
  3. クレームがしんどい

書店員は本好きな人ならやりがいを持って働けると思います。

ただ、現実的に厳しい面があるのも事実。

特に給料が異常に低く、一人暮らしができないほど。

いい面と悪い面、両方を天秤にかけて、書店員として働くかどうかを決めてみてください。

それではっ

本当に書店員になって大丈夫かな…

「給料低いし、将来性も不安…」と書店員になるのをためらう方も多いと思います。

そんな人は、リクルートエージェントで相談してみてください。

リクルートエージェントなら、プロのアドバイザーが1対1で相談に乗ってくれます。

他の人に相談することで書店員よりも自分に合った職業が見つかるかもしれません。

例えば、私も当初はスタジオカメラマンなろうと思っていました。

ですが、他の人に相談するにつれて「別に俺はスタジオカメラマンじゃなくてもいいな」と気づけました。

一人で転職活動をしていると視野が狭まるもの。他の人に話すことで、客観的に自分を見ることができたのです。

「転職エージェントなんて使ったことないから不安…」という人も安心してください。

リクルートエージェントは以下のように「転職支援実績No.1」の転職エージェントとなっています。

  1. 大手リクルートが運営
  2. 業界最大級10万件以上の非公開求人
  3. 充実した転職サポート
  4. 電話での転職相談もOK

これだけ実績があれば、安心して使うことができますよね。

料金はもちろん無料で、電話でも相談できるので気軽に使ってみてください!

>> 【無料】リクルートエージェントを使ってみる

おすすめ転職サイト&転職エージェント

「転職活動を始めたいけど、どの転職サイトを使えばいいかわからない…」

そんな方に向けて、おすすめの転職サイトと転職エージェントをまとめました。

タイプ サービス名 サービス内容
万能型 リクナビNEXT 転職サイト
リクルートエージェント 転職エージェント
doda 転職サイト
転職エージェント
未経験に特化 就職shop 転職エージェント
ハタラクティブ 転職エージェント
ハイクラス パソナキャリア 転職エージェント
便利サービス ミイダス 診断アプリ

ポイントは20代の方に向けて、多様な働き方をサポートしてくれるサービスを選別したこと。

詳しく知りたい方は、以下の記事を見てください。

>> 【おすすめ転職サイト&転職エージェント】口コミ・評判も紹介!【20代の方へ】

関連記事