雑記

彼女がうつ病と診断された

先日、彼女がうつ病と診断された。

ようやく気持ちの整理がついたのでこの記事を書く。

彼女がうつになったのは仕事が原因である。

彼女の職場はけっこうな激務で、前から「仕事が辛い」と言っていた。

俺が最もショックを受けたのは、彼女が「心療内科を受診しようと思う」と言ったとき。

仕事が辛いのは知っていたが、まさかそこまでとは思わなかった。

なんでこんないい子がうつにならなきゃいけないんだ。

なんで気づいてあげられなかったんだ。

それから数日経った今はこう思う。

「俺が支える番が来たか」

というのも、俺もうつ病になった過去がある。

今はだいぶよくなったが、それでも心療内科に通い薬を飲んでいる。

俺はうつ病になって会社を辞めた。

そして1年間無職をし、今はフリーランスブロガーとして活動している。

会社を辞めた当初は、ベッドで寝たきりなくらい症状が悪かった。

そして、俺と彼女は4年間遠距離恋愛している。

彼女はうつになって仕事を辞め、1年間無職をし、将来がわからないフリーランスになった俺を遠距離恋愛で支えてくれた。

ぶっちゃけいつ別れを切り出されてもおかしくなかった。

それでもずっと支えてくれたのだ。

だから今度は俺の番。

俺が彼女を支える。

俺は彼女を信じてる。

俺は先日心療内科に行ったとき、先生から薬の服用は5月末までと言われた。

ようするにうつがほとんど治った(正しくは寛解した)のである。

だから彼女のうつがよくなる未来もきっとある。

この生きるのに大変な世界で二人で寄り添って生きていきたい。

ライターとしてのお仕事依頼はこちら
  • ちょうどライターを探していた
  • ちょっと仕事を依頼してみたい
  • 自分のメディアに寄稿してほしい

インタビューや取材を通して記事を書かせていただき、依頼者様のメディアに寄稿させていただます。

得意な執筆ジャンルは以下の4つ。

  1. 作業効率化
  2. プログラミング
  3. 働き方
  4. 新潟

「ちょうどこのジャンルの記事を書いてくれるライターを探していた」という方は、ぜひご連絡ください。

「こういう記事が書けるかどうか知りたい」といったご連絡も大歓迎です!

>> 仕事実績・プロフィール

関連記事