雑記

俺は無職になってよかった

こんにちは。かぶとです。

今回は、無職になってよかったという話をします。

無職になるかどうか迷ってる人に、無職になってよかった点をお伝えできればと思います。

無職になってよかった点

やりたいことがみつかった

これが一番大きなことですね。

2つのやりたいことが見つかりました。

  • ブログ
  • WEBマーケティング会社で働く

会社員時代はやりたいことがなかったので、やりたいことが見つかったというのは本当に大きなことでした。

自分の人生に軸ができたようですごくうれしいです。

自由な時間を手に入れた

毎日一日中が自由時間です。

「今日は何をしようかな」で始まる一日はとてもいいものです。

現在はブログとYouTubeに全力で取り組んでいます。

好きなことをずっとやれるのって幸せですよね。

様々な人と出会えた

無職になり、ツイッターやツイキャスを始めたことで様々な人と出会えました。

ここでできた友達はこれからの人生でもかけがえのない存在になると思っています。

会社員時代は友達ができなかったのに、無職になってからできるって不思議ですね笑

療養ができた

会社員時代、自分は軽いうつになってしまったのですが、その療養ができました。

今現在はだいぶ良くなっていて、このようにブログが書けるまで回復しました。

休むべきときはゆっくり休むというのが人間には必要なんだと思います。

実家で家族と過ごせた

私は今年、遠距離恋愛中の彼女の元へ行く予定です。

その前に実家で家族と過ごせたのはよかったのかなと思います。

1年近く、くそお世話になりましたッ!!

そしてあと半年くらいよろしくお願いします!()

無職になってよかった

無職になった最初のころは色々と思うところもありました。

でも今はこうやって「無職になってよかった」と胸を張って言えます。

先日、彼女と電話してたときにもこの話題になり、こんなことを言われました。

「遠回りだと思ってたかもしれないけど、一番の近道だったかもね」

私は、この無職期間があってよかったとずっと言えるようにこれからもがんばっていきたいと思います。

それではっ

ライターとしてのお仕事依頼はこちら
  • ちょうどライターを探していた
  • ちょっと仕事を依頼してみたい
  • 自分のメディアに寄稿してほしい

インタビューや取材を通して記事を書かせていただき、依頼者様のメディアに寄稿させていただます。

得意な執筆ジャンルは以下の4つ。

  1. 作業効率化
  2. プログラミング
  3. 働き方
  4. 新潟

「ちょうどこのジャンルの記事を書いてくれるライターを探していた」という方は、ぜひご連絡ください。

「こういう記事が書けるかどうか知りたい」といったご連絡も大歓迎です!

>> 仕事実績・プロフィール