雑記

【後悔しない方法】後悔はしても無意味です

こんにちは。かぶとです。

後悔してしまって辛いよ~

後悔なんてしても無意味だよ

今回は、後悔してしまって辛いという方へ、後悔しても無意味だということをお伝えします。

この記事を読めば後悔しなくなるはず!

後悔はしても無意味

後悔ってのは要するに驕りなんですよね。

「あのときああすればよかった…」

この考えの裏には「もっと自分はできたはずだ」という考えがあります。

いやいや、できませんから

あなたはそのとき100%の力を出してたんです。

100%の力を出してもその結果だったんです。

だから後悔なんてしても無意味です。

だってあなたは「できなかった」んですから。

なんで後悔という感情はあるのか

後悔ってほんと辛いですよね…

こんな感情なくなればいいのにって思いますよね。

なんで後悔という感情があるかというと、それは未来をよりよくするためです。

後悔の念が強ければ強いほど、未来で同じ失敗を繰り返さなくなります。

後悔は人間にとって必要なものなんです。

うまく付き合っていきましょう。

後悔しない方法

「理屈ではわかったけど辛いよう…」

わかります。感情はそう簡単にはコントロールできません。

でも大丈夫。

後悔しない方法があります。

それは寝ること

「は?」と思った人もいるかもしれませんが、大マジです。

正確には「できるだけ考えないようにして、明日を迎える」ということですね。

時間っていうのは偉大です。

今すごく後悔していることが、明日になるとちょっと楽になります。

明後日になるともっと楽になります。

それを積み重ねれば、後悔は段々小さくなります。

だから、辛かったらもう寝ちゃいましょう。

なにもかも放り投げて寝ましょう。

時間の経過が一番の薬です。

「そんなこと言っても寝れないし、どうしても考えちゃう…」

そういうときは違うことをしましょう。

違うことに夢中になれば後悔なんて忘れます。

そんで眠くなってきたら寝ましょう。

まとめ:後悔はしても無意味

記事のポイントをまとめます。

POINT

・後悔はしても無意味

・後悔するのは未来のため

・後悔するのが辛かったら寝よう

こんな感じです。

過去ではなく、今を生きましょう。

それではっ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA