無職

【無職になって】無職のメリットデメリット【10か月】

こんにちは。かぶとです。

無職になって10か月(休職期間含む)の俺が感じた無職のメリットデメリットを紹介します。

メリット

好きなことができる

当たり前ですが無職には時間があります。

自分は家事もしていないのでほぼ自由時間です。

何をしているかというとツイキャス、ツイッター、ブログです。

完全にネットの民となっています()

自分の好きなことができるということが無職の最大のメリットではないしょうか。

休める

自分はうつなのですが、無職になってからだいぶ症状がよくなりました。

その要因として仕事をしていないというのは絶対にあると思います。

ストレスがない

働いていないのでストレスがありません。

自分は実家に住んでいるのですが、幸い家族仲も良好のため家族間のストレスもほぼありません。

もう満員電車には戻れない…笑

寝起きが自由

これが地味にうれしい。

何時に寝てもいいし、何時に起きてもいい。

自分は無職になってからほとんどアラームをかけなくなりました。

自分の世界が広がる

自分は無職になってから本格的にツイッターとツイキャスを始めました。

その2つで多くの出会いがあり、自分の世界が広がりました。

そしてその2つともこれからも続けていこうと思える趣味になりました。

デメリット

空白期間ができる

これが無職最大のデメリットだと思います。

履歴書に空白期間(働いていない期間)ができる。それによって、就職がしづらくなる。

私はまだ就職活動をしていないので予想の段階ですが…

就職活動の様子もこのブログに書ければと思うので乞うご期待。

疎遠になる友達がいる

無職だとやっぱり友達には引け目を感じます。

大学時代の友達にラインで「今何してんの?」と聞かれると相当しんどいです。

だから連絡が取りづらくなるし、会いづらくなります。

その結果、友達と疎遠になることも…

お金を使えない

当たり前ですが無職はお金がありません。

自分は傷病手当をもらっていますが、それでもお金は節約してます。

無職って意外とお金がかかるんですよね。健康保険やら年金やらけっこうな額が毎月かかります。

そうなるとまあお金は使えないですよね…

太る

太ります。

具体的な体重は言えませんが、人生最高記録を更新中です。

一日中家に引きこもってるんだから、そりゃそうだ。

痩せたい(切実)

生活リズムが狂う

寝起きが自由だから生活リズムが狂います。

昼夜逆転なんてザラです。

よくないと思いつつ夜更かしがやめれらねえ…笑

一回睡眠が浅くなった時があって、そのときはさすがにまずいと思いました。

寝ても2,3時間で目が覚めるという感じです。

無職は睡眠に支障をきたします。

けっきょくどうなの?

俺は無職をやってよかったと思っています。

デメリットはありますが、メリットの方が大きい。

まあ、まだ就職活動をしていないので「空白期間ができる」という最大のデメリットは実感していませんが…

とりあえず今は無職をやってよかった!ビバ無職!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA