雑記

「仕事は悪だ」という思い込みが仕事を辛くしてるのではないか

こんばんは。かぶとです。
最近、仕事がかなり辛い。
月曜日を目前に控えた今日はけっこう落ち込んでた。

で、なんでこんなに仕事が辛いんだろうと考えてみた。
というのも自分の仕事は割とホワイトだからである。
自分が感じてる辛さと、実際の仕事の辛さが釣り合ってないと思ったのだ。

ここで思いついた。
もしかして「仕事は悪だ」という自分の思い込みが仕事を辛くしてるのではないか。
自分は実際の仕事の辛さではなく、自分の思い込みによって巨大化した虚像の仕事の辛さを感じているのではないか。

今まで俺は仕事に対してネガティブなブログの記事を書き、ツイートをしてきた。
それらが、虚像の仕事の辛さを大きくしてきたのではないか。
自分で自分に「仕事は悪だ」と教育し続けてきたのではないか。

仕事のいいところを見て見ぬふりをして、マイナスの側面ばかりに注目してきたのではないか。
愚痴を言ってすっきりするのはいいことだけど、愚痴を言いすぎて愚痴に飲み込まれているのではないか。

衝撃的だった。
これが正しければ、俺は今まで自分で自分を苦しめてきたのである。

これからはネガティブな発言を控えるようにする。
ポジティブなことを言うようにする。

この考えが正しいかどうか試してみる。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA