雑記

寂しさを受け入れた朝の、友達づくりの決意

AM 6:37

昨日、友達と久しぶりに飲む機会があった。
自分は禁酒をしているので烏龍茶だったが。

楽しかった。
3か月ぶりくらいに楽しさを感じた。
久しぶりに息が出来ている感じがした。
本当の自分ってこんなに明るかったんだと思い出した。

そしてさっき、夢を見た。
友達に囲まれていた大学時代の夢。
とても楽しい。

起きた。
ぼやーっとしてる頭の中で、今日は誰と何をして遊ぼうかと考える。
そして徐々に気付く。

ああ、自分はもう社会人で友達はいないんだった。
気軽に鍋パーティーはできないんだ。


寂しい・・・

ここでやっと気づいた。
自分は寂しかったんだと。

2年間の孤独の中で、寂しさを感じる部分が麻痺していた。
そうしないとやっていけなかった。

毎週来る週末に一人で耐えなければいけなかった。
社会人としての割り切った関係の中で過ごさなければいけなかった。

その中で寂しいという感情を抑え込むうちに、自分が寂しいということが分からなくなっていた。
人と話すことを避け、友達からの誘いも断るようになった。
ブログをすることで、一人でも有意義な時間を過ごしていると自分を納得させようとしていた。

でもそれじゃだめだった。
寂しいなら寂しいと言わなきゃだめだった。
寂しい気持ちを受け入れなきゃだめだった。

というわけで、俺はこんなにも寂しい。
上京して2年間、新しくできた友達はおらず、週末はいつも一人。
もうめっちゃくちゃ寂しい。

東京で新しく友達を作ろうとしたことも何度かあったけど、すべて失敗していた。
でもあきらめちゃいけなかったんだ。

というわけで

友達づくり、本気で始めます

POSTED COMMENT

  1. kitano-stop より:

    大人になってから友達をつくるのって難しいですよね。
    私は人見知りで友だち作るのに時間がかかるタイプなので
    お気持ちわかります。
    kabutoさんが東京で楽しさや寂しさを分かち合えるひとと出会えますよう、お祈りしています。

  2. kabuto0120 より:

    ありがとうございます…!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA