雑記

働いてお金をもらっているということを再認識した話

こんばんは。かぶとです。
今日、唐突に「働いてお金をもらっている」ということを再認識しました。

私たちは働いてお金をもらっている。
でもそれがわかりづらい。
それはなぜか。
給料が月払いだから。

1日働いて1万円をもらっている。
そう考えたら、心が少し楽になった。
今日の仕事を振り返って、それが1万円になる。
それが悪くないと思えたから。

自分の周りに物があふれている現代ではお金の価値が低くなっている気がする。
例えば、仕事にお金よりやりがいを求めたりとか。
そこで、お金の価値を上げる方法を考えた。
 

あえてお金を使う

お金がなければ、お金が欲しくなる。

お金をガンガン使う

お金ほしい

仕事がんばろう

ってなわけですよ。

欲しいものリストを作る

お金を物に置き換えることによって、お金の価値がわかりやすくなる。

一眼レフがほしい

その分のお金ほしい

仕事がんばろう

という感じ。

逆に、お金の価値を下げる習慣も考えた。

目標のない貯金

貯金は一見良いことのように思えるが、貯金をすることで自分の中のお金の価値が下がってしまう。
貯金をしてお金が溜まったから、ついつい無駄づかいをしてしまうことってあるよね。

そして、目標のない貯金には終わりがない。
いくらお金が貯まっても、もっとお金が欲しくなるだけ。
だから、目標のない貯金をするために仕事をがんばっても疲れるだけだと思う。

貯金をするんだったら、ある程度目標があったほうがいい。
○○円貯まったら○○ができるという目標を立てることで、お金の価値がわかりやすくなる。
これは「欲しいものリストを作る」と同じ原理である。

世界一周したい

200万円貯金使しよう

仕事がんばろう

となるよね。

自分も含め、最近の人たちはお金の使い方が下手だと思う。
お金の使い方を考えることで仕事のやる気も出るよって話でした。

おわり

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA