雑記

孤独になって自分のやりたいことが見つかった話【孤独のメリット】

こんばんは。かぶとです。
自分は2年前に上京して以来、孤独な生活を送っています。
休日は基本的に一人で、東京に居場所がなく、軽いうつになりました。

でも、孤独っていうのは悪いことばかりじゃない。
孤独には大きなメリットがある。

それは自分と向き合えるということ

これでいいのか?と過ごした大学時代

大学時代は軽音サークルに所属していて、いつも友達と一緒にいた。
最初は楽しかったが、3年生になったときから違和感を感じ始めた。

友達と遊んでいても楽しくない

友達と遊ぶことを無益と考えてしまう自分がいた。
友達とゲームをするより漫画を読んでいる方が有益だと思い、みんながゲームをしている中、一人で漫画を読んでいたこともあった。

仲がいい友達がいるのはいいことだが、一緒に居すぎると馴れ合いになってしまって、新しいものが何も生まれなくなる。

だが、そのときはそれに気づかずサークルに居続け、違和感を感じたまま卒業した。

そして孤独に

上京し、孤独になる。
最初こそ、東京観光で楽しかったが、次第に休日に何をすればいいか分からなくなった。
家に引きこもりがちになり、アニメで孤独を癒す日々。
気が付けば、休日にめちゃくちゃ落ち込むという軽いうつになってしまった。

休日が暇すぎて軽い欝と診断された話2か月くらい前、心療内科に行ったら軽い欝と診断された。 心療内科に行った経緯としては、 休日に落ち込むのが半年~1年くらい続く ↓ 『...

そんなときにブログを書いてみようと思い立った。
この孤独でどうしようもない日々を誰かと分かち合いたいと思った。

実は大学時代にブログを一回やったことがある。
でもそのときは全く続かなかった。
友達と遊ぶほうが簡単に「楽しい」を得られたからだ。

リトライ。

ブログをやり始めて、大学時代との違いに気づいた。
自分には書きたいことがある。発信したいことがある。
これには自分でも驚いた。

大学時代からの有益なことがしたいという欲求とブログが結びついたのだ。
そしてブログを続けるうちに、ブログが自分のやりたいことだということに気づいた。

やりたいことがやっと見つかった話今日、偶然書店でとてもいい本を見つけた。『労働者のための漫画の描き方教室』である。   この本は一見漫画の描き方の教本のようだが、働い...

衝撃だった。生まれてから25年間、やりたいことがこれだけ明確になったことがなかったから。

そんなわけで、俺は25年間探していた自分がやりたいことを見つけることができた。
もし東京に友達がいっぱいいたら、俺はブログをやっていないし、友達と遊ぶという一時的な快楽を、違和感を感じながらまた繰り返していたと思う。

そんなわけで自分の人生これでいいのかと思い悩んでいる人がいたら、友達から離れて孤独になり、自分と向き合っみてもいいんじゃないかと思います。

孤独を前向きに捉えられるようになったのはこの本の影響が大きいので紹介しておきます。

created by Rinker
¥748 (2020/09/20 11:33:02時点 Amazon調べ-詳細)

孤独万歳!!(そうは言ってもある程度友達はいたほうがいいよ泣)

広告

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA