働きたくない

文系が1年半派遣プログラマーをしてきてどうだったか

新卒で東京に出てきて、派遣プログラマーを1年半やってきてどうだったか。
就職する前に自分が疑問だったこと、不安だったことについて今の自分が答えるよ。

とりあえずスペック

中小派遣プログラマー
大学は文系
最初の1年は社内、それから半年は顧客企業に常駐している

Q. 文系だけど、プログラミングはできるか

できる。計算というよりパズルみたいな感じ。
高校までの数学がある程度できていれば全然大丈夫。
計算が必要なのは多分、仕組みを1から作るようなレベルが高いプログラマーだと思う。
でもやっぱり最初はハードルが高いので、研修がしっかりしている企業を選ぶべし。

Q. プログラミングは楽しいか

思ったより楽しい。
自分が書いたプログラムが思ったとおりに動くと達成感がある。

自分はアプリとかを作ってみたいと思っていたが、
家でプログラミングをするほどはハマらなかった。
でも作ろうと思えば作れるくらいの実力は付いてると思う。

Q. 1日中パソコンをやっていて疲れない

体は思ったより疲れない。
でも肩が凝るのが少しきつい。

そして、目はかなり疲れる。
自分はプログラマーになってからスマホが見れなくなったし、
目の疲れには常に気を使って生活している。
これがプログラマーになって一番きついことかも。

でも目の疲れは人によって差があるようで、
休み時間にスマホを見ている人も大勢いる。

Q. IT業界はブラックなイメージがあるがどうか

会社によると思う。
自分が就職したところは幸運にもホワイトで基本的に定時帰りだし、雰囲気もゆるい感じだった。
転職のクチコミサイトを見てみるといいかも。

Q. 他の企業に常駐して働くというのはどうか

あからさまに見下されるとかはそんなにないのではないか。
自分の常駐先は、派遣プログラマーにも対等に接してくれているし、いい雰囲気である。
他の社員に聞いてもそこまでひどい話は聞かないかな。

将来性で言えば、正直不安である。
例えば40代になったとする。
他の会社で働いている人は一定のポストについている年齢かもしれないが、
派遣プログラマーはずっと他の会社を転々としなければいけない。
プライドが高い人にとっては、ずっと下っ端というのは耐えられないかも。

また、年齢が高くなれば常駐先の企業が自分を雇う料金も高くなる。
そのときに自分が社会にとって需要があるのかという不安もある。

そして、ITの世界は技術の進歩が特に早い世界なので、
歳を取った時に自分が培ってきた技術が通用するのかというのも不安である。

あと通勤の問題もある。
常駐先の会社が自分の家から遠ければ通勤時間が伸びてしまう。
自分は現在片道1時間半かけて会社に通っているが、
家に着いた後の自由な時間が少ないのは損をしている気分になる。

でも色んな企業で色んな仕事をするというのは少し楽しそうな気もする。

まとめ

プログラミングは思ったよりできる
目が疲れる
将来が不安

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA