雑記

【コスパ最強】Chromebook Acer CB314-1H-A14P購入レビュー

  • Chromebook Acer CB314-1H-A14Pを使った感想が知りたい
  • Chromebook Acer CB314-1H-A14Pの外観を写真で確認したい

パソコンは安い買い物ではないので、買うかどうか悩んでしまうという人が多いです。

この記事では、Chromebook Acer CB314-1H-A14Pを買って3ヶ月経った私が、多数の写真と動画を使ってレビューします。

最初に記事の要点をまとめます。

Acer CB314-1H-A14Pレビューまとめ
  • 2万円台でサクサク動くのでコスパ抜群
  • 持ち運びできる
  • 触った感じは安っぽい

2万円台でこれなら正直安いと思いますし、買ってよかったと思っています。

  • 外出先でパソコンを使いたい
  • ネットを見たりブログを書いたりしたい

そういう方におすすめの1台です。

⇒ Chromebook Acer CB314-1H-A14PのAmazon商品ページ

この記事を読むことで、Acer CB314-1H-A14Pの使い心地をさらに詳しく知ることができます。

動画版もあります。

Chromebook Acer CB314-1H-A14Pのスペック

OS Google Chrome OS
CPU インテル Celeron プロセッサー N4020
メモリ 4GB
ストレージ 64GB
グラフィック インテル UHD グラフィックス 600 (CPUに内蔵)
ディスプレイ 14.0インチ/WXGA (HD)
端子 USB 3.1 Type-C ポート×2
USB 3.0 Type-A ポート×2
microSDカードスロット
オーディオジャック
本体寸法 (幅×奥行き×高さ) 32.3 x 23.2 x 1.69 cm
本体重量 1.4 Kg
バッテリー駆動時間(標準) 約12時間
自動更新期限 2026年6月

(参考:Amazonメーカー公式ページ)

Chromebookはデバイスの更新によって最新の機能が提供され、セキュリティが確保されます。

自動更新の有効期限は機種ごとに変わるのですが、CB314-1H-A14Pは2026年6月まで自動更新されます。

Chromebook Acer CB314-1H-A14Pの外観

天板はきれいなシルバーです。

Chromeのロゴがかわいいです。

天板の大きさをB5のノートと比較します。

裏面。4つのゴムが付いており、滑らないようになっています。

開いたとき。

キーボードの周りもシルバーなんですが、光の加減によって鈍く青みがかった色になります。

左側。

端子は左から

  • USB 3.1 Type-C ポート
  • USB 3.0 Type-A ポート
  • microSDカードスロット
  • オーディオジャック

右側。

端子は左から

  • USB 3.0 Type-A ポート
  • USB 3.1 Type-C ポート

左右両方にUSB 3.1 Type-C ポートがあるので、どちらからも充電することができます。

一番右の穴はケンジントン・ロック用取り付け穴です。

以下のようなワイヤーを使ってパソコンと机を繋ぎ、盗難を防ぐことができます。

付属品は書類と充電器のみです。

充電器はゴツいので、携帯するんだったら市販の充電器を買ってもいいかもしれません。

Chromebook Acer CB314-1H-A14Pのディスプレイ

14.0インチなのでガッツリ作業できますし、持ち運びもできるサイズ感です。

フルHDではなくWXGA (HD)ですが、画質の粗さは感じませんでした。

Amazonの商品ページではタッチパネルのように書かれていますが、実際は違ったので注意してください。

公式ページにも「タッチパネル非搭載」と記載されています。

Chromebook Acer CB314-1H-A14Pのキーボード

10キーがなくスッキリしています。

打鍵感は軽く、ポコポコする感じ。

日本語キーボードで、左上に「かな↔英数」切り替えキーがあります。

不便に思った点が3つあります。

  1. 左右の矢印キーが小さい
  2. Deleteキーがない
  3. Windowsキーがない

左右の矢印キーが小さく押しづらいです。

また、Deleteキーがありません。

削除するときはBackSpaceキー(矢印のキー)を使うしかありません。

あとWindowsキーがないのも地味に不便です。

一方でいい点はエンターキーが大きいことです。

よく使うキーなので、押しやすいのはありがたいです。

ファンクションキーがないように見えますが、1列目のキーがファンクションキーに対応しています。

例えば全角カタカナへの変換は、大きい歯車のようなキーを押せばできます。

Chromebook Acer CB314-1H-A14Pのトラックパッド

触感はなめらかでスムーズに指を動かせます。

感度もよく、使いやすいです。

意外だったのが右クリックができないことです。

右クリックの代わりに指の本数で操作します。

  • 右クリックしたいとき:指二本でタップ
  • マウスのホイールをクリックしたいとき:指三本でタップ

Chromebook Acer CB314-1H-A14Pの感想

感想は以下の3つです。

  1. サクサク動く
  2. 持ち運びできる
  3. 触った感じは安っぽい
  4. 作動音が静か

順番に説明します。

サクサク動く

Chromebookはサクサク動くと聞いてましたが本当でした。

起動が早く、YouTubeを聞きながらブログを書いても軽快に動きます。

私は10万円台のWindowsパソコンも持っているのですが、むしろAcer CB314-1H-A14Pの方がサクサク動くくらいです。

ネットを見る、ブログを書くといった用途なら十分に使えると感じました。

持ち運びできる

軽くて薄いので持ち運びするのに向いています。

重さは1.4kgで500mlペットボトル3本分より軽く、薄さは1.69 cmで立てた10円玉より薄いです。

バッグにも入ります。

喫茶店やコワーキングスペースに持っていきくなるパソコンですね。

触った感じは安っぽい

天板など外装はプラスチックでできており、触ると安っぽい感じがします。

高級感を求める方には向いてないかもしれません。

2万円台なので、しょうがないとは思いますが…

作動音が静か

ファンの音やハードディスクを読み込む音がしません。

図書館やカフェなど静かなところで作業する人にはうれしいですよね。

以下は作動音をWindowsのパソコンと比較した動画です。

Chromebook Acer CB314-1H-A14Pのケース

バッグに入れて持ち運ぼうと思い、ケースを買いました。

色:ダークグレー 

サイズもピッタリでした。

外観がおしゃれで、クッションは少し薄めですがしっかりしています。

まとめ:Chromebook Acer CB314-1H-A14P購入レビュー

Acer CB314-1H-A14Pレビューまとめ
  • 2万円台でサクサク動くのでコスパ抜群
  • 持ち運びできる
  • 触った感じは安っぽい

Chromebook Acer CB314-1H-A14Pをレビューしてきました。

2万円台でこれなら正直安いと思いますし、買ってよかったと思っています。

  • 外出先でパソコンを使いたい
  • ネットを見たりブログを書いたりしたい

そういう方におすすめの1台です。

⇒ Chromebook Acer CB314-1H-A14PのAmazon商品ページ

  • ブログ仲間が欲しい
  • ブログでお金を稼ぎたい
  • ブログを続けられない…

ブログを続けられず、辞めてしまう人が多いです。

ブログ初心者向けオンラインサロン「ABCオンライン」に入れば、ブログを学びながら、楽しく続けることができます!

私はABCオンラインに入ってから収益が247円から47,133円になりました。

ABCオンラインのレビューを書いてるので、ぜひ見てください!




>> 超アクティブユーザーがABCオンラインを徹底レビューしてみた

関連記事